サイエンス

フォーライフ リサーチは、1998年以来、皆さまの健康維持をサポートする良質な製品を提供しています。そして、さらにより良い製品開発を求めて、たゆみなく技術的・科学的な革新に努めています。

質の高い製品を常に維持するため、4Lifeでは安全性を重視した万全な品質管理体制を確立しています。皆さまのお手元に届く4Lifeトランスファーファクター製品においては、安全性、純度、有用性、規格基準への適合性が保証されています。

研究開発部門には、医師や科学者といった専門家たちが所属しています。彼らの研究によって、4Lifeの科学的発展は最先端を維持しています。また、外部からの科学的知見も集約するために健康科学諮問委員会(HSAB)を設けています。HSABは、新製品開発の支援や、4Lifeトランスファーファクターのさらなる研究をサポートしています。

人生を楽しむための製品

健康であることは、人生を楽しむためにも大切なことです。そして健康を維持するためには、様々な外的要因と闘うための元気な体内システムが必要です。だからこそ、4Lifeトランスファーファクター製品は多くの方に愛され続けています。

トランスファーファクターの科学

4Lifeトランスファーファクターは、健康に影響を及ぼす様々な外的要因を認識し、それに反応するという体本来に備わったシステムをサポートすることで、あなたの健康を守ります。4Lifeトランスファーファクターは特許で守られ、さらに日々の様々な研究や技術によって支えられています。 4Lifeトランスファーファクターに含まれる3種類の成分が健康をサポートします。

ウルトラファクターXF 牛の母乳を独自の技術で限外ろ過処理をして抽出したトランスファーファクターとペプチドのブレンド

オーヴォファクター 鶏の卵黄から抽出したトランスファーファクターとペプチドのブレンド。専売特許取得

ナノファクター 牛の母乳を独自の技術で限外ろ過処理をして抽出し、さらに低分子化したトランスファーファクター

製品開発

4Lifeの製品開発部門では、水準の高い品質管理や分析試験を維持しながら、健康に役立つ製品づくりに努めています。また、様々なライフスタイルに合わせて製品を取り入れやすいように、カプセルをはじめ、チュアブルタブレットやジュース、パウダーなど、様々なタイプをご用意しています。

品質管理と試験室

#

4Life製品は、出荷されるまでに数百項目に及ぶテストをクリアしています。私たちはこうした広範囲におよぶ各種テストを繰り返すことで、製品の品質維持に取り組んでいます。そして、原材料から完成品に至るまで検査を行うため、4Lifeでは最先端の機材を有するダイレクトセリング業界でも屈指の研究施設の維持に数百万ドルの設備投資を行っています。

4Life製造施設は最先端のパッケージングやカプセル充填装置、撹拌装置を保有しており、NSFインターナショナル(NSF®International) によりGMP(製造・品質管理基準:Good Manufacturing Practices)準拠施設として認定されています。 NSFインターナショナルのGMP登録によって、4Lifeでは厳しい基準に見合った栄養補助食品を生産するために必要とされる、適切な方法、設備、およびコントロール方法を採用していることが証明されています。

製造工程

4Life は自社工場で製品を製造することで、製造工程の各段階を確認しています。これは、バッチ処理や混合比率、カプセル充填、包装などの部分的な管理で終わるものではなく、以下の4項目に従った統合的な管理方法で行われます。

安全性


厳しい品質基準をクリアした原材料のみを製品に配合しています。

純度


各原材料と最終製品の段階において、混入物や不純物を厳格に検知するための分析試験を実施しています。

有用性


全ての原材料において強度と力価テストを実施し、規格に適合しているかを確認しています

規格基準への適合性


品質管理基準をクリアした原材料は、厳しい製品・剤形規格に従って、配合および製造されています。

4Lifeの製造工程や品質管理をもっと詳しく知りたい場合はこちら。Taking Transfer Factor to the World

学会とのつながり

4Lifeの製品の魅力は、各種学会や科学系出版物、そして調査研究等によっても紹介されています。

また、米国ミズーリ大学とも提携し、4Lifeトランスファーファクター® リヌーヴォの有用性研究(30日間の完全無作為プラセボ比較試験)を行っています。

企業間パートナーシップの一環として、米国オーバーン大学運動生理学部分子応用科学研究所(MASL)と連携しています。

特許

4Life Patents

4Life製品の独自性や信頼性を長く安定的に保つため、日々の科学研究のほか、特許取得による技術や処方の保護にも努めています。4Lifeは米国5件と、その他各国38件の特許を取得しており、現在も、知的財産部門において数十件の特許を申請中です。

研究と出版物

#

つねに技術革新しながら成長を目指すという理念のもと、社名にも由来する4Lifeの「リサーチ(科学研究)」は日々強化されています。多岐にわたる研究成果は、「Nutrition & Metabolism(栄養と代謝)」、「Applied Physiology(応用生理学)」、「Journal of the International Society of Sports(国際スポーツ栄養協会会誌)」、「Medicine & Science in Sports & Exercise(スポーツと運動に関する医療および科学)」など多くの出版物や雑誌に取り上げられています。

研究開発チーム

専門家による研究は科学的成功をもたらします。

4Lifeの研究開発部門は免疫学の専門家や博士号取得者といった専門家によって構成され、つねに最先端にいる4Lifeを支えています。さらに、4Life健康科学諮問委員会(HSAB)のメンバーとして、世界中から多くの医師や栄養学などの専門家を招いて協力を得ています。

#

デイビッド・ボルマー博士

4Life最高科学技術責任者

「私は4Lifeの研究開発チームの一員であることに誇りを持っています。そして、4Lifeファミリーの皆さまに有用で質の高い製品をお届けするよう日々邁進しています。科学的な信頼性こそが、私たちの仕事の核となっています。」

ボルマー博士はQC(品質管理)と分析ラボラトリ情報管理の分野で20年以上の経験をお持ちです。博士の専門知識は技術的、管理的リーダーシップ、安定性試験、新製品のバリデーション研究、標準操作手順書(SOP)、生産記録、そして製品規格に及びます。 博士は、ネブラスカ大学で分析化学の博士号を、ミズーリ・ウェスタン州立大学で化学理学士を取得されました。ボルマー博士は20以上の論文を執筆しています。また博士は、癌や炎症を治療する調合薬における20件の特許の共同発明者でもあります。


略歴を読む
#

ブレント・ヴォーン博士

4Life健康情報サービス シニアディレクター

「4Lifeトランスファーファクター製品は、健康を維持するシステムの働きをサポートしてくれます。そのシステムを強化・調整するというトランスファーファクターの働きは、健康維持の根本を支えてくれるものです。」

ヴォーン博士は公認の栄養学者であり、栄養補助食品産業における調合と研究で17年にも及ぶ経験をお持ちです。博士は、ユタ大学で食品化学および栄養学の修士号を、またミネソタ州ウォールデン大学で公衆衛生の博士号を取得されました。 ヴォーン博士は4Lifeにおいて過去10年にわたり、研究者・考案者として活躍しています。 博士は、現在、4Lifeの最もよく売れている製品の開発過程に貢献され、世界中のディストリビューターと連携しています。


略歴を読む
#

トリー・パーカー博士

製品開発担当副社長

「私は4Life製品を他の製品よりも魅力的なものにするために、革新的な改善計画を立てることが大好きです。私は4Life製品が製品愛用者の生活に大きな影響を与える場面を見て楽しんでいます。

パーカー博士は栄養学者、教育者であるとともに、ダイレクト・セールス業界において製品開発に15年以上にわたり従事してきました。ブリガムヤング大学で人間生物学の理学士号および栄養科学の理学修士号を取得し、またイリノイ大学アーバナシャンペーン校で栄養科学の博士号を取得しました。また、製品を支える科学的根拠について深い造詣があるだけでなく、ユーザー視点に立った、理解しやすさや使いやすさに対しても見識があります。これまでに100製品以上の開発に携わり、世界中でそれらの製品の紹介や教育を行ってきました。さらに30本の査読済み科学論文を発表し、1件の特許保有、および2つの教育賞を受賞しています。食品技術者協会とアメリカ栄養学会のメンバーでもあります。


略歴を読む
#

ポーラ・ブロック博士

サイエンス&レギュラトリー部門 ディレクター

「4Lifeは、皆さまの成功をサポートする機会を提供しています。サイエンスとサービスを通して、安全で高品質な製品、さらに健康に必要な知識をお届けしています。そして、体も心もバランスの良い健康を手に入れることで、より前向きで充実したライフスタイルを実現できるよう、皆さまのお手伝いをしています。」

ブロック博士は、14年に渡り神経科学と薬理学の分野に携わってきました。薬剤の作用機序、生体化合物の安全性および毒性、分析薬理学、分子生物学、個別化医療といった広範囲にわたる専門知識を有し、指導者としても経歴を積んできました。ブラジルの薬科大学で学んだ後アメリカに渡り、ユタ大学にて理学士(化学)、理学修士(臨床試験)、博士(薬理・毒物学)の学位を取得しました。今日では、数多くの科学関連の文献執筆や各種講座や講義などを手掛けています。また、ハワード・ヒューズ 医学研究所、アメリカ薬学教育財団、米国薬理・実験治療学会などの関連団体からも多くの表彰を受けています。


略歴を読む

健康科学諮問委員会(HSAB)

Robert Robertson

ロバート・ロバートソン・ジュニア医学博士

「トランスファーファクター研究によるリーダー企業として、4Lifeの名前は栄養補助食品業界で広く知られています。何か新しい発見がもたらされた時は、いつも4Lifeの科学者たちがその最前線にいるのです。」

ロバートソン博士は健康科学諮問委員会のメンバーで、4Lifeで活躍しているディストリビューターです。有利な職業である、ケンタッキー州パデューカのウェスタン・バプテスト病院救急サービスセンター所長を経て、ロバートソン博士は息子のロブ・ロバートソン3世と共に、栄養補助食品の会社を設立しました。 二人はその会社の製品研究をしている過程で、トランスファーファクターのたくさんの利点を発見したのです。4Lifeの大切な使命を確信した博士は会社を売却し、ディストリビューターになりました。博士はルイビル大学医学部を修了され、大学関連の病院で研修を終了されました。


略歴を読む
Teresa Tomalska

テレサ・トマルスカ医学博士

「一つの科学的発見が、人類の健康を支えるという点でこれほど大きな利益をもたらすということは、滅多に起きることではありません。4Lifeトランスファーファクター製品が、体内システムの機能を健康に保つためのカギであるとかたく信じています。」

トマルスカ博士は、ポーランドのルブリン医科大学で医学を修めました。数年前にアメリカを短期訪問した際、帰国直前に4Lifeのことを紹介されました。その後トマルスカ博士は、人々の健康意識をサポートする啓蒙活動に献身することを決意しました。 トマルスカ博士は現在、シカゴやイリノイ州で「バルサム」「トゥワード・ヘルス」といったラジオの健康情報番組のホストを務め、「トォー・ユア・ヘルス」という月刊紙を執筆しています。また、女性の健康問題、循環器系の健康情報、またポーランド人家族の為のセミナーを精力的に開催しています。


略歴を読む
Said Daibes

エレナ・エニオウティナ博士

「私は熟練した薬理学者として、ハーブを原料とする製品に関して高い水準の知識を持っています。4Life製品は注目に値する製品で、これらの製品のバランスの良さと、よく考え抜かれた処方にとても驚きました。私の愛用製品は、健康維持システムのサポートを考えて、トランスファーファクター® シリーズです」

エニオウティナ博士は、セーチェノフ・モスクワ医学大学の予防医学および疫学の医学学位を取得し、モスクワにある全連合薬用研究所では薬理学と毒物学の博士号を取得しています。免疫系に対するハーブ由来のコレステロール低下薬の効果とマルチビタミン複合体による副作用の修正に関する論文を発表したほか、ハーブ製品の有効な使用方法やその規制に関する記事を掲載したこともあります。また、過去20年以上にわたり、ワクチン投与後の免疫反応の分子メカニズムを調査した経験を有しています。そして現在は、ユタ大学小児臨床薬理学部において教鞭をとり、余暇には教育や翻訳研究に没頭するなど、幅広く活躍しています。


略歴を読む
MeiLing SiuCaldera

メイリン・シュー・カルデラ博士

「より良い栄養のバランスを整えることは、健康な体のみならず健康な精神の礎ともなります。」

シュー・カルデラ博士は、がん治療におけるビタミンDの恩恵に関する研究を専門とする医師です。 彼女は体重管理、食生活や生活習慣の改善、心臓血管の健康、糖尿病、癌予防、スポーツ栄養学、アンチエイジングに焦点を当てた栄養カウンセリングを提供しています。 シウ・カルデラ博士は、グアテマラのサンカルロス大学を卒業し、コネチカット大学ストーズ校で栄養学博士号を取得しました。 彼女は20以上の研究論文を学術誌で発表し、栄養学に関する一般の意識を高めるために、新聞や雑誌に多数の寄稿を行っています。


略歴を読む
Ty Hopkins

J・タイ・ホプキンス博士

「4Lifeは、製品開発の分野において常に厳しい科学的精査に努めています。また、質の良い原材料の厳選や、製品の品質保持のためにも日々研究を重ねています。こうした4Lifeの姿勢は、業界でも群を抜いていると言えます。私は、いち科学者としてもアスリートとしても、4Life製品を多くの人々に自信をもっておすすめできます。」

タイ・ホプキンス氏はブリガムヤング大学教授として、 大学院課程でアスリートトレーニング、物理療法リハビリテーションの分野を担当しています。 ホプキンス博士の経歴: ブリガムヤング大学 科学学士取得 インディアナ州立大学 科学修士、博士号取得

ホプキンス博士は主に関節機能の働き(下肢関節損傷の予防およびリハビリ)について研究しています。これまでに70以上の研究論文の査読に携わり、自身の研究発表についても米国内外で数多くの経験を積んでいます。また、研究室と教室での学生との交流や研究を日々楽しんでいます。

また、ホプキンス博士は学会誌の編集にも携わる他、助成機関や各種機関誌の編集委員や査読、評論家としても活躍しています。さらに、ナショナルアスレチックトレーナーズ協会(NATA)、およびアメリカスポーツ医学会(ACSM)の会員でもあります。


略歴を読む
Joy Irobi, PhD

ジョイ・アイロビ博士

「私たちは日々の生活の中でさまざまなストレスにさらされています。そのような環境の中で、私たちの健康を保つために、体に本来備わる健康を守る力を教育してくれるのが4Lifeトランスファーファクター®です。多くの人の豊かな人生を支えるために、さらなる4Life製品の研究開発を続けるチームに参加できたことがとても嬉しいです。」*

アイロビ博士は名門アントワープ大学分子遺伝学部門で分子遺伝学の博士号を取得し、主任研究員として17年を過ごしました。 現在はベルギーのハッセルト大学生物医学研究所(BIOMED)において医学・生命科学研究教授を勤めています。 同大学の研究グループでは、おもに神経炎症における細胞外小胞(エクソーム)シグナル伝達の神経保護バイオマーカー探索に注力しています。 また、30冊を超える書籍を出版し、また生物医科学分野への貢献による受賞も多数にのぼります。


略歴を読む
Don Otter, PhD

Don Otter, PhD

“The reputation of an international supplement manufacturer is reliant upon the integrity of products, the caliber of manufacturing, the science behind formulas and, of course, research to substantiate innovation. 4Life has been a world leader for more than two decades. I’m confident that there are decades of 4Life advancements to come.”

Dr. Otter completed his doctorate degree in chemical and materials engineering at The University of Auckland in 1987. For the past 30 years, he’s developed a reputation as an innovative, interdisciplinary dairy product scientist and professor. Prior to his position as Associate Professor in the Food Science Department at the Auckland University of Technology, he served as a Senior Outreach Specialist at the Center for Dairy Research, University of Wisconsin-Madison, a Senior Research Scientist for a food and bio-based products company, and visiting scientist at North Carolina State University in Raleigh, NC.

Dr. Otter’s professional distinctions include sitting on the Editorial Board of the International Dairy Journal and participating in the Executive Committee for the New Zealand Institute of Food Science and Technology.


略歴を読む