4Life Digital NewsStand

ファウンデーション4Life<sup>&reg;</sup> プエルトリコへ支援
ファウンデーション4Life® プエルトリコへ支援2017/10/03

ユタ州・ソルトレークシティ (2017年10月2日):ファウンデーション4Lifeは、プエルトリコの首都サン・ファン市へ、ハリケーン マリアによる被災者へ第1便となる緊急支援物資約3トンをプライベートジェットによって届けました。この支援物資は、サン・ファン市カルメン・ユリン・クルス・ソト市長立ち合いのもと受領され、島の周囲の4ヵ所の4Lifeの配送拠点へ届けられました。また、プライベートジェットは、復路を利用して緊急処置が必要な病人の移送も行いました。

テレビパーソナリティ、作家、慈善家でもあるローラ・ポサダ氏による協力のもと、ファウンデーション4Lifeはプラチナインターナショナルダイヤモンドのホアン&ダマリス・ロサードをはじめとする4Lifeリーダーたちとフロリダ州フォートローダーデールに集まり、衛生製品、水や食品などの寄付を募りました。この寄付には、プラチナインターナショナルダイヤモンドのレイ&バーバラ・ミュラーから4Lifeフォーティファイ120袋(1袋12〜24食入り)も届けられました。

社長兼CEOスティーブ・テュー:「この被災地周辺を拠点とした長年にわたる4Lifeリーダーたちのおかげで、私たちはこの大惨事の対応に必要な最良に整った組織として活動することができました。」

ハリケーンによる危機的状況が解消されるまでの間、ファウンデーション4Lifeへの寄付は全てプエルトリコへの救援活動に充てられます。また、4Lifeも寄付額に対して100%のマッチングをして(倍額にして)寄付を行う予定です。

スペイン語圏フィールドデベロップメント担当副社長デボラ・ディクソン:「今回はローラ・ポサダ氏によるプライベートジェット機の提供という協力があったことで、私たちの救援物資をプエルトリコまで運ぶことができました。そしてさらに、すでにその前のハリケーンによって被害を受けたフロリダの4Lifeディストリビューターたちも、今回の呼びかけに応じてくれました。」

共同創設者 ビアンカ・リゾンビー:「これは被災者であっても他の被災者を助けるという、心温まる例のひとつです。今回集まった多くの人たち自身が支援を必要としている状況でありながら、それでもフロリダとプエルトリコに集まり、この甚大な被害への救援に力を貸してくれました。」

4Lifeは世界中に多数の支社を構え、ディストリビューターのグローバルネットワークを支えています。

本件に関するお問合せ:
フォーライフリサーチUSA, LLC
コミュニケーションズ担当副社長
カルビン・ジョーリー
CalvinJolley@4life.com