4LifeエッセンシャルオイルTForceに関する研究論文が学術誌“Biochemie Open”に掲載される 2018/05/09
4Life<sup>&trade;</sup>エッセンシャルオイルTForce<sup>&trade;</sup>に関する研究論文が学術誌“<em>Biochemie Open</em>”に掲載される
ユタ州ソルトレイクシティ(2018年5月9日):サイエンス&レギュラトリー部門ディレクター ポーラ・ブロック博士による4Lifeエッセンシャルオイル「TForce」に関する研究論文が学術誌Biochimie Openに掲載されました。TForceは4Life20インターナショナルコンベンションDo Life Differently®において発表された4Lifeエッセンシャルオイル新製品の一つです。

この論文では、一般的な合成香料製品(消臭スプレー、ボディミスト、香料入りソープ)と、TForceの浄化作用を比較しています。ほとんどの合成香料は周囲の環境や肌に香りを放つに過ぎません。しかし一方で、多くの天然エッセンシャルオイルは心地よい香りをもたらすだけでなく、環境中の細菌やカビの増殖を抑制する可能性も持っています。

ブロック博士:「私たちは外部の研究所と共同して一般的な環境不純物に対するTForceの浄化作用を調べた結果、TForceは一般の合成香料入り製品と比べても、効果は同等またはそれ以上であることがわかりました。さらに、TForceに4種のシングルオイルをブレンドすると、個々の単一オイルで使用した場合よりも、さらにその効果が大きいことが明らかになりました。」

4Life最高科学責任者デイビッド・ボルマー博士:「TForceに関する研究が非常に興味深いことから、学術誌Biochemie Openに掲載されました。この論文は誰でも無料で閲覧できるオープンアクセスであり、エッセンシャルオイルの研究者だけでなく、4Lifeのディストリビューターやカスタマーの方もTForceが持つ強力な作用を確認することができます。」

Biochimie Openの記事はこちら。(すべて英語)

フォーライフリサーチは5大陸に支社を構え、「サイエンス・サクセス・サービス」を通してディストリビューターのグローバルネットワークを提供しています。

本件に関するお問合せ:
フォーライフリサーチUSA, LLC
コミュニケーションズ担当副社長
カルビン・ジョーリー
[email protected]