健康科学諮問委員(HSAB)新メンバーを発表 2018/10/11
健康科学諮問委員(HSAB)新メンバーを発表
ユタ州ソルトレイクシティ(2018年10月11日):4Lifeの製品開発について外部からの科学的知見を集約するための「健康科学諮問委員会(HSAB)」に、新たにエレナ・エニオウティナ博士が委員として加入したことを発表しました。

エニオウティナ博士は、セーチェノフ・モスクワ医学大学にて予防医学と疫学の学位を取得し、モスクワのオール・ユニオン薬用植物研究所では薬理学と毒物学の博士号を取得しています。

エレナ・エニオウティナ博士:「ハーブなどの薬草製品に関しては、熟練した薬理学者として高い基準を持っています。4Life製品はバランスが良く科学的に実証されていると思います。HSABのメンバーに加わったことを誇りに思っています。」

エニオウティナ博士は、薬草製品の用途とその規制について書いた論文をいくつも発表している他、過去20年以上に渡り、ワクチン投与後の免疫反応の分子メカニズムについても研究を続けています。現在はユタ大学の小児臨床薬理学部の教員として勤める他、教育や、翻訳、そして研究など幅広く活躍しています。

4Life最高科学責任者 デイビッド・ボルマー博士:「HSABにエニオウティナ博士を迎えたことをとても嬉しく思います。免疫学の医師・博士でもある彼女の研究はすばらしい評価を受けており、科学的に十分に検証された品質の良い製品を開発するという4Lifeのミッションに完璧に合致するものです。」

フォーライフリサーチは5大陸に支社を構え、「サイエンス・サクセス・サービス」を通してディストリビューターのグローバルネットワークを提供しています。

本件に関するお問合せ:
フォーライフリサーチUSA, LLC
コミュニケーションズ担当副社長
カルビン・ジョーリー
[email protected]