4Life製品開発担当シニアディレクター就任について

2021/02/15
4Life製品開発担当シニアディレクター就任について
ユタ州ソルトレイクシティ(2021年2月15日): 4Lifeでは、この度新たにローリー・ハン博士が製品開発担当シニアディレクターに就任しました。

ハン博士は10年以上にわたる科学研究と製品開発の経験を有しています。薬事関連規制の専門家でもあり、品質管理の技術者であり、そして科学者でもあります。中国・西安交通大学での工学士号、米国ユタ大学において微生物学と生化学(生物科学)博士号を取得しています。 これまでの経歴においては、業界内の多くの企業において製品の処方開発や製品づくりの革新をリードしてきました。また、それ以外にも、徹底的な栄養補助食品の教育への注力や100件以上の製品開発、30件以上の査読研究論文の発表といった業績を残しています。

4Life最高科学責任者デビッド・ヴォルマー博士:「ハン博士は、たくさんのユニークなアイデアや技術をもたらせてくれます。4Lifeの科学者・研究者の一員として彼を迎えられることをとても楽しみにしています。」 ハン博士は教育の分野、中でも4Life製品がもたらす顧客満足度について注力しています。彼は大連工科大学において生化学の非常勤教授を務め、栄養学と健康の分野において非常に優れた貢献をしたことによりAmerican College of Nutrition(非営利団体)からのフェローシップを保有しています。

4Life社長兼CEO ダニー・リー:「4Lifeが今後の20年間も製品開発と品質製造において世界的リーダーシップを取り続けるために、ハン博士にも協力してもらうことになりました。「科学に対して誠実である」という創設者デイヴィッド・リソンビーの信念は、この先も変わることなく存在し続けます。」 フォーライフリサーチは、世界25か国に支社を構えトランスファーファクター製品を販売し、世界中のカスタマーの皆さまおよび従業員の安全と健康を守ることを信念としています。

本件に関するお問合せ:
フォーライフリサーチUSA, LLC
コミュニケーションズ担当副社長
カルビン・ジョリー
[email protected]